一般社団法人
秋田県造園協会

会員の方へのお知らせ

厚生労働省よりお知らせ

既に新聞発表などでもご存知のことと思いますが、造園を含む建設業等の労災事故の中で最も多い、「墜落・転落事故」防止に向けた施策が国(厚生労働省)から発表され、従来の安全帯という名称が「墜落制止用器具」に変更されたほか6.75m以上の高所で作業をする際は、フルハーネス型墜落制止用器具の使用が義務づけされることとなりました。

詳しくは、厚生労働省のホームページからダウンロードできます。

※造園連の会員の方は、造園連ホームページ>組合員プラザ>官公庁からのお知らせ からもダウンロードできます。